看護師 辞めたい 新人

看護師を辞めたい!これって悪いこと?

看護師を辞めたい!これって悪いこと?

2010年度の看護師の離職率は11%で、その中でも新人看護師の離職率は8%と新人ナースの離職率が目立つ結果となっています。

 

期待と夢を膨らませてナースになったけど、新しい環境に戸惑い、要領よくできなくて怒られたり、

 

忙しさの中で段々と自分に自信がなくなり、自分は本当に看護師に向いているんだろうか・・・?

 

と思い悩み離職する新人看護師も多いようです。

 

そして辞めるとすぐに、「今どきの若い子は・・・」なんて言われることも。

 

ですが、仕事を辞めることがそんなに悪いことなのでしょうか・・?

 

 

日本の社会は昔から1つの会社に長く勤めることが立派な人という考え方があります。

 

定年を迎えるまで働いた人を、我慢強い人、立派な人と褒め称え、会社をすぐに辞める人を根性がない人、ダメな人とレッテルを張ります。

 

ですが、アメリカでは逆に一生同じ職場で過ごす人を向上心のない人・・・いわゆる仕事のできない人と言われます。

 

キャリアアップや良い待遇などを求めて転職を繰り返すのは当然で、その変革こそが自分を向上させるステップだというのです。

 

日本と真逆ですね。

 

確かに、1つの職場でどんなことがあっても我慢して働く、それは我慢強いことなのでしょう。

 

ですが、それが良い結果を生むかどうかは誰にもわからないのも事実です。

 

我慢して働くのが良いことだと思い、結果として体を壊してしまったり、取り返しのつかないミスをすることもあるかもしれません。

 

職場を転々としても、そこで良い出会いがあり、看護の楽しさや本当の生きがいを見つけるかもしれません。

 

もちろん、逆もありますが。

 

 

つまり、職場を変えることで、どんな結果が待っているかは、誰にもわからないのです。

 

「仕事をすぐに辞めるのは悪いこと。」

 

日本人はそんな古い考え方が定着していますが、それ自体は悪いことでも良いことでもない、どちらでもないことです。

 

どんな結果が待っているかが誰にもわからない以上、決めるのは自分だということを念頭に置いておきましょう。


看護師の求人・募集なら 【転職サイト人気ランキング】

働きながらでも探せる!
お給料をアップしたいならココ!
高給料・好条件の求人募集が多い。職場環境、お給料情報も事前に提供してくれる。
海外・離島 短期で働きたいならココ!
海外・離島など短期で働く看護師を応援する「応援ナース制度」がある。
非公開求人で選ぶならココ!
非公開求人数が豊富で、働きたい職場を「逆指名」する事もできる。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 看護師のお給料事情 キャリアアップ 転職情報 地域別 お役立ち情報