看護師 メンタルヘルス不調 うつ病

看護師の長期病気休暇の3分の1がメンタルヘルス不調の現実

看護師の長期病気休暇の3分の1がメンタルヘルス不調等のうつ病の現実

2011年 日本看護協会から「病院看護実態調査」が発表されました。

 

それによると、2010年度の看護師の離職率は11%で、新人看護師の離職率は8%でした。

 

 

2008年の調査から比べると、離職率は若干減少傾向にありますが、他県と比較して東京都の離職率は高く、また300床未満の病院での離職率が高い傾向にあります。

 

そして、注目すべきは1か月以上の長期病気休暇を取得した看護師の3分の1がメンタルヘルス不調によるものだったという調査結果です。

 

 

メンタルヘルス不調は20歳代に多く見られる傾向で、その中でも大都市・東京などの大病院に勤務する女性が最も多い傾向にあるようです。

 

2011年の「看護関係統計資料」によれば、推定で約7,000人の看護師がメンタルヘルス不調で仕事ができない状況にあります。

 

この要因としてあげられているのが労働条件です。

 

看護師の平均休暇は年間で115.1日で完全週休2日制が確保されている病院は全体の69.8%ですが、休暇が100日未満の病院もいまだ7.5%あるのが現状で、過酷な労働条件のもとで働く看護師もまだまだいるのが現状です。

メンタルヘルスの状況

長期病気休暇の状況

メンタルヘルス不調の看護師職員数(年齢別)

20歳代 1,244人
30歳代 707人
40歳代 468人
50歳代 235人
60歳代 15人
合計 2,699人

 

 

2010年度長期病気休暇を取得した看護師職員数は7,483人のうち、メンタルヘルス不調の看護師は2,699人。
長期病気休暇を出した看護師の3分の1がメンタルヘルス不調ということになります。
また、年代別にみると20歳代が一番多い傾向にあります。

 

 

病院別にみたメンタルヘルス不調の常勤看護師職員の全体に占める割合

病院規模 20歳代
20〜99床 0.7%
100〜199床 0.9%
200〜299床 0.8%
300〜399床 0.8%
400〜499床 1.1%
500床以上 1.2%

 

 

そして病院規模が大きくなればなるほど、メンタルヘルス不調を訴える看護師の割合は増えています。

看護師の休暇実態

常勤看護師の週休形態

週休形態 全体の割合
完全週休2日制 69.8%
月3回週休2日制 5.6%
月2回週休2日制 11.4%
月1回週休2日制 1.1%
週休1日半制 2.1%
週休1日制 0.1%

 

完全週休2日制が確保されている病院は全体の69.8%。
残りの約30%の病院は完全週休2日制ではない。

 

※完全週休2日制は4週8休制含、月3回週休2日制は4週7休制含、月2回週休2日制は4週6休制含、月1回週休2日制は4週5休制含。
※その他7.1%、無回答不明が2.9%

 

 

看護師の年間休日の割合

 

看護師の割合
100日未満 7.5%
100〜110日未満 19.9%
110〜120日未満 22.0%
120〜130日未満 40.1%
130日以上 2.8%

 

年間休日数で最も多いのが120〜130日未満で40.1%。
だが、年間休日が100日未満の看護師も7.5%いるのが現状。

 

※無回答不明が7.8%

 

看護師の月給推移

看護師の月給推移 2010年〜2011年比較

 

また、過酷な労働条件の割には看護師の給与は、ほぼ横ばい状態が続いています。

 

◆2010年 勤続10年の平均年齢31〜32歳の看護師の月額給料は 315,828円

◆2011年 勤続10年の平均年齢31〜32歳の看護師の月額給料は 319,590円
※上記は通勤手当等は含むが時間外手当は除く

 

 

前年と比べても1.2%のみの上昇にとどまります。

 

※日本看護協会「2011年 病院看護実態調査」結果報告」 参考

看護師の求人・募集なら 【転職サイト人気ランキング】

働きながらでも探せる!
お給料をアップしたいならココ!
高給料・好条件の求人募集が多い。職場環境、お給料情報も事前に提供してくれる。
海外・離島 短期で働きたいならココ!
海外・離島など短期で働く看護師を応援する「応援ナース制度」がある。
非公開求人で選ぶならココ!
非公開求人数が豊富で、働きたい職場を「逆指名」する事もできる。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 看護師のお給料事情 キャリアアップ 転職情報 地域別 お役立ち情報