看護師の転職理由・・本音は?

看護師の転職理由・・本音は?

看護師の転職理由・・本音は・・?

看護師といえば、社会貢献のイメージが強く憧れの職業ですが、他の職種に比べて離職率も高く、その実情はハードなお仕事として知られています。

 

実際に転職を経験している看護師は、20歳代では59%にのぼり、約2人に1人が転職経験者ということになります。

 

そして、転職回数に至っては「1回経験」が20%、「4回以上経験」した人も14%となっています。

 

 

では、実際の転職理由はなんでしょうか・・?

 

これに関して言えば、ナースの転職知恵袋 退職理由で、とても興味深い統計が出ています。

 

看護師と言えば、96%以上が女性と言われるほど、女性の多い職場です。

 

そのため、一般的な企業と同じく離職理由のトップにあげられるのが

 

・・タテマエ
結婚・出産・子育て・介護等の家庭の事情・・・18%

 

 

による離職です。

 

実際に多くの統計サイトでは、離職理由のトップに結婚・出産・子育て・介護など、家庭の事情があげられています。

 

ただし、これはあくまで転職理由として、上司・職場へ伝えた言わばタテマエ。

 

実際に離職した本当の理由をアンケートで尋ねると、トップ1は・・・

 

・・・本音
人間関係・・・19%

 

 

が一番多かったそうです。

 

これを見ると、看護師の離職理由も一般企業のOLと同じで、どこの世界も人間関係が一番大変ということがわかります。

 

ただ、看護師の仕事は他の職種と違い「人の命を預かる仕事」。

 

少しのミスが人の命に係わる責任の重さがあります。

 

そのため、上司や先輩が他の一般企業に比べて厳しく指導したり、プレッシャーをかけるのは仕方ないことなのかもしれません。

 

ですが、それでもその線引きは難しいところ。

 

それらの人間関係が積み重なり、そして他の職種より忙しいことも重なり、プレッシャーからたまらず離職する人も多いそうです。

 

 

そしてこのほかに、実際に上司に告げた転職理由は
「スキルアップ・・・14%」
「体調不良・・・9%」
などが多く、波風のたたない退職理由になっています。

 

 

ですが、実際の離職理由は
「労働環境への不満(休日・残業)・・・9%」
「上司への不満・・・・9%」
が多かったのが特徴です。

 

 

「結婚・出産・子育て・介護など家庭の事情」が本当の理由で辞めた人は、全体の1%にも満たなかったそうです。

 

 

 

看護師の病院勤務での平均残業時間は月23時間以上で、過労死基準と言われる月60時間以上の残業をする看護師は4.3%もいるそうです。

 

 

職場の人間関係で悩み、夜勤や勤務時間の長さにより心も体も疲れ切った状態で仕事を続けたら、いつか大きな医療ミスをひきおこしてしまうのではないか・・

 

そんな不安から離職する人が多いのが看護師の現状です。

 

 


看護師の求人・募集なら 【転職サイト人気ランキング】

働きながらでも探せる!
お給料をアップしたいならココ!
高給料・好条件の求人募集が多い。職場環境、お給料情報も事前に提供してくれる。
海外・離島 短期で働きたいならココ!
海外・離島など短期で働く看護師を応援する「応援ナース制度」がある。
非公開求人で選ぶならココ!
非公開求人数が豊富で、働きたい職場を「逆指名」する事もできる。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 看護師のお給料事情 キャリアアップ 転職情報 地域別 お役立ち情報